ホーム >> 新着情報

rss

2013/10/25大阪府柏原市 水道申請を行いました。

3階建の直結直圧方式への改造申請を行いました。

既設40个入っていましたので、今回はメータ2次側

での改造工事となります。

2013/10/07大阪府枚方市 水道申請を行いました。

大阪府枚方市水道局の50丱瓠璽審栓手続きを行いました。
50丱瓠璽燭和膰口径の為、水道局との調整が必要となり
局員との現地立会いのもと、制水弁の開閉を行なっていただきました。

2013/07/01大規模建築物の建設計画の事前協議及び変更

大規模建築物とは
1、住宅用途に供するもので、個数が70戸以上のもの
  (ただし、1住戸が35岼焚爾僚斬陲聾朕瑤忙残蠅靴泙擦鵝
2、建設計画の区域が2,000岼幣紊如△つ建築物の地上高さが10メートル以上
3、建築物の述べ面積が5,000屬鯆兇─△つ階数が地上6階以上のもの
  (ただし、述べ面積は建築基準法に定める容積対象面積とします)
のいずれかに該当する建築物です。

大規模事前協議の締結及び変更、11号様式の提出担当窓口は
都市計画局 開発調整部 開発誘導課
大阪市役所 大阪市北区中之島1丁目3番20号 7F
TEL06−6208−9285

2013/04/13汚水排水量減量認定について

汚水排出量については、大阪市下水道条例施行規則第12条により
「上水又は工業用水を使用するときは、その使用水量を汚水排出量とみなす」
と規程され、以下「ただし、水の使用状況等によりこれにより難い特別の理由
があると認めるときは、使用者の申請により、市長がこれを認定する」
とあり、この運用として、汚水排出量の減量認定が行われています。

認定要件
減量認定を行うのは、下水道に排出されない水量(減量水量)が年間のうち過半数月
以上において、総使用水量の20%以上のものであって、水量を特定できる場合です。

下水道本管に放流されない汚水排出量が20%以上あり
排水箇所の全てに汚水排水の流量計を設置または同一ルートの給水側(入口)と排
     出側(出口)に流量計を設置し給水量と排出量の差引により減量水量を特定できる
     こと
1年を通じて、月ごとに20%以上放流されない月が6ケ月以上あること
減免は認定を受けてからになるので、最短でも6ケ月以上のデータが録れてからです。
大阪市では湧水の放流料金を徴収していない為、汚水排水量の減免を受ける場合は
     湧水排出量との相互考慮の上認定の判断が行われます。
認定期間は5年間(羽根車式排出流量計を設置の場合は3年間)認定期間が満了し
     引続き認定を受ける場合は、認定更新申請を行う。

2013/03/29大阪市のマンションの水道メータ口径の算出方法

大阪市のメータ口径の算出方法には下記の2種類があります。

…松欝訖緤式時の瞬時最大使用水量からの算出
⊆水槽給水方式時の時間当たり平均使用水量+月間使用水量

マンションにおける算出方法は
…松欝訖緤式の場合は『優良住宅部品認定基準のBL規格による方法』
により算出します。

25丱瓠璽拭   60ℓ/min  ファミリータイプ  3戸 (ワンルーム 6戸)
40丱瓠璽拭  240ℓ/min   〃    44戸まで
50丱瓠璽拭  450ℓ/min   〃    112戸まで
75丱瓠璽拭  666ℓ/min   〃   202戸まで

⊆水槽給水方式の場合は『業態別の使用水量』を使用し算出します。

4DK・4LDK  800ℓ/日・戸
3DK・3LDK  750ℓ/日・戸
2DK・2LDK  700ℓ/日・戸
1DK・1ルーム 300〜350ℓ/日・戸  150ℓ/日・戸(風呂なし)

業態別の戸数を掛け足したものに1日平均使用時間(10H)で割り時間当たり
の平均使用水量を算出します。
例)3LDK 20戸 =15,000ℓ
2LDK 10戸 = 7,000ℓ
   計  30戸  22,000ℓ÷10h=2.2㎥/h

メータ取付標準表で適正口径を確認

25丱瓠璽拭 0.1〜2.0㎥/h        〜400㎥/月
40丱瓠璽拭 0.2〜8.0㎥/h      200〜1,600/月
50丱瓠璽拭 0.2〜20.0㎥/h      200〜4,000/月
75丱瓠璽拭 0.4〜40.0㎥/h 1,600〜8,400㎥/月
100丱瓠璽拭 0.6〜60.0㎥/h    2,500〜12,000㎥/月
結果、25丱瓠璽燭療正範囲の2.0㎥を超えることから、40丱瓠璽燭適正となります。

最後に月の使用適正範囲を超えないか確認します。
22.0㎥/日×31日 = 682.0㎥/月
40丱瓠璽燭侶遒了藩冦免楼呂覆里如40丱瓠璽燭療正が確定します。

その後、水理計算にて損失水頭がマイナスにならないか確認し最終確定となります。
(水道本管圧 基本20.0m)

前のページへ次のページへ

▲ページのトップに戻る

水道・下水申請のことならアウルにおまかせください。

  • 下水工事申請の流れを見る
  • 給水工事申請の流れを見る
  • 各種申請書類のサンプルはこちら

アウルが選ばれる理由

アウルの実績

アウルがこれまで携わってきた上下水道の申請に関する実績をご紹介いたします。

アウルについて

  • 代表あいさつ
  • 社名の由来
  • 会社概要
  • アクセスマップ

対応地域

大阪市(北区・都島区・福島区・此花区・中央区・西区・ 港区・大正区・天王寺区・浪速区・西淀川区・淀川区・ 東淀川区・東成区・生野区・旭区・城東区・鶴見区・ 阿倍野区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・ 西成区)、東大阪市、八尾市、大東市、高槻市、堺市、池田市、松原市、豊中市、摂津市、柏原市、茨木市、枚方市、守口市、門真市、箕面市、兵庫県尼崎市、西宮市、神戸市、伊丹市、宝塚市